バストアップに必要なたった2つのこと

nathalie,bust,bodycare

美しいバストは女性の永遠のテーマ。けれどもバストアップや美胸を育みたいあまりに、不確かな情報に左右されていませんか?今回はバストのしくみをおさらいしつつ、効果的なバストメイクの方法を伝授。基本さえしっかり理解すれば、どんなケアがベストなのかしっかり自分でジャッジできるようになりますよ。

そもそもバストはなぜ大きくなる?
まずは私たちのバストの構成についておさらいしてみましょう。
バストは約90%の脂肪に約10%の乳腺、そしてそれらの組織を支えるクーパー靭帯の3つで成り立っています。大部分を占める脂肪が多ければ多いほど、バストは大きくなりますが年と重ねるごとに女性が求めるのは、恐らく「ハリ感」のあるバスト。そこでポイントとなってくるのが乳腺です。
生理前になるとバストが張り、1〜2カップほど大きくなる経験はあるのではないでしょうか。これは1割を占める乳腺が黄体ホルモンの影響によって起こるもので、張りをキープするためには欠かすことの出来ないもの。したがってバストアップには「脂肪量と乳腺」の2つにアプローチするケアが必要といえます。

毎朝の豆乳は美しいバストの習慣として
乳腺の発達、つまりバストアップを取り行ってくれる本命食材は、日本人にも馴染みの深い大豆食品。
大豆を含む食材は女性ホルモンと似た作用がある植物性エストロゲン(大豆イソフラボン)を含んでいます。また、植物性なので日常的に摂っても安心なのが嬉しいポイント。
きなこや豆腐など様々な食材があるなか、筆者の一番のおすすめは豆乳。毎朝コップ一杯摂取するだけなのでとても手軽です。また、ダイエット中で「胸が少し小さくなってきたかも?!」と感じている方にも有効。可能であれば無調整のものを、日課として飲むようにしてみましょう。

鶏肉のたんぱく質&脂肪分でボリュームアップ
ラビアアイドルが「鶏肉を食べたらバストアップした」という話をよく聞きますが、実はとても理に適った話。
タンパク質を豊富に含む鶏肉は、身体の中でも大きな面積の大胸筋の増強によってバストを土台から大きくすすことが可能に。また、ダイエット効果も高く、牛肉や豚肉と比べて消化に負担が少ないのも大きめメリット。ハリのある上向きバストを手に入れたい方は積極的に摂って欲しい食材です。

また、鶏肉は部位によっても栄養価が異なることも大きなポイントに。バストを支える筋肉をつけたい場合はささみや胸肉などを、脂肪分やコラーゲンが欲しい方はもも肉や手羽先、鶏皮、唐揚げなどが最適。上手に組み合わせながら摂るようにしましょう。

バストアップサプリメントの注意点とは
豆乳や鶏肉以外にもバストアップには、エストロゲンを分泌させる働きがあるといわれるざくろが有効とされています。けれども、ざくろは流通しているスーパーが少なかったり季節によっては購入できない時期があるのも事実。その場合はサプリメントを活用してみましょう。ただし、バストアップ系のサプリは適量を守ることが原則。過剰に摂取してしまうと婦人科系の疾患のリスクが上がるので、多忙でどうしても食事が偏ってしまう時期やダイエット中、生理前の不調期などに、補助的に摂るのがベストです。

バストアップに必要な脂肪分と乳腺。私たちの身体を生成してくれる「インナーコスメ」をおろそかにせず、コツコツとバストケアを続けていきましょう。

2016-05-15 | Posted in Body & Diet, Japanese BeautyComments Closed 

関連記事