【執筆】ジャン=ポール・グード氏が歴代フィルムに懸けてきた情熱

nathalie,beauty
昨年大盛況のうちに終了した「ジャン=ポール・グード展」の第二弾が新宿で開催中。彼の名前を知らなくとも、ヴァネッサ・パラディと鳥かごのビジュアルはきっと多くの人々の記憶に残っているはず。

nathalie,chanel
今回はグード氏と、ヒューストンバレエ団のプリンシパルとして活躍中の飯島望未さんにインタビューしました。会場内で上映されている約1時間に渡る、グード氏の頭の中を再現したかのようなショートフィルム「So Far So GOUDE」は必見。

56421001_10157455191689924_543816350859001856_n
広告界、そしてファッション界のレジェンドともいえるグード氏の言葉を直接聞くことは、私にとって長年の夢でした。そんな背景もあり、彼が伝えていた言葉をできるだけ残そうと、極力忠実に記事としてまとめました。

Numero Tokyo
ジャン=ポール・グードと飯島望未がナビゲート!
「Chanel」の“チャンス”の世界を巡る旅 >>

Numero Tokyo イベントの詳細はこちらからどうぞ!
パリへ行くチャンス! 「Chanel」のダンスオーディションが開催 >>

2019-04-06 | Posted in Cosmetic, French Beauty, Works, WritingComments Closed 

関連記事