パリジェンヌ流、最上級の自分を演出する3つの奥義

nathalie,beauty,paris

普段はナチュラルなスタイルを貫くパリジェンヌも、デートやナイトアウトなどの「ここぞ!」というシーンでは最上級の自分のみせ方を知っています。そんな彼女たちのちょっとしたビューティポリシーを今回はご紹介します。

ランジェリーを飛び道具に
パリジェンヌはランジェリーが大好き。美しいランジェリーを身にまとうだけで、内側から高揚感がでることを彼女たちは知っているので決しておろそかにはしません。ブラックやピンクなどの定番色に留まらず、ビタミンカラーやパープル、レッドなど様々なカラーをチェストに忍ばせて、気分によって使い分けてみましょう。見えないパーツに変化をつけることで、きっと彼女たちのような色香を滲ませることができます。また、バストに関しては大きすぎず、小さすぎずがパリジェンヌ好み。小ぶりな方はレースのついた少女のようなランジェリーを、大きめの方はコケットでシンプルなデザインのものを選んでみてください。

赤を操る力を身につける
パリジェンヌはとにかく赤を取り入れるのが上手。赤リップや一色塗りのネイル、ピアスや下着、そしてピンと伸びたつま先に塗られたペディキュア。持ち物でも構わないので、パーツのどこかに赤を取り入れてみて。女性らしさをワンランクアップさせてくれるのはもちろん、セクシーなスパイスとして一役買ってくれることでしょう。

最上級の自分の探し方とは
最上級の自分を演出できるということは、他の人にはない「自分のオリジナリティ」をきちんと理解し、上手く魅せられるかということ。大切な局面で自分らしさを演出できるか否かで、その後の人生は大きく変わってきます。自分に合うものが分からない場合は、信頼のおける友人や恋人にアドバイスを貰うのも1つの方法。また、複数名に褒められる服のテイストやカラー、メイクなどもヒントになりうるのでしっかり覚えておいて。年を重ねるごとにアップデートしながら、自分に合ったスタイルを確立していきましょう。

最上級の自分を演出するには、日常での感度を鈍らせないことも重要。早速実践して「最上級の自分のみせ方」を磨いていきましょう。

2016-04-20 | Posted in Bien-Être, French BeautyComments Closed 

関連記事