睡眠をビューティタイムに。女性ホルモンをより分泌させる3つの方法

nathalie,beauty,paris,sleep

たっぷり8時間寝てもなぜかダルい、疲れが取れないという場合には、就寝前の時間を見直してみましょう。最大のポイントは就寝2時間前!早速今夜から取り入れて、艶めく美肌を手に入れてみて。

女性ホルモンをより分泌させる
冒頭で述べたように就寝2時間前の過ごし方で、22〜2時に分泌される女性ホルモンの分泌量が変わってきます。このホルモンを作用させるためにも、早めに就寝することはもちろんですが、しっかり分泌させることで肌や髪をキレイに修復し、それをキープさせることが可能になります。早速おやすみタイムをビューティタイムに変える3つのステップをマスターしましょう。

STEP1:ゆったりと湯船につかって体を温める
湯船につかって身体を温めることは、身体に溜まった老廃物を排出するだけでなく、副交感神経を優位にしてくれるので睡眠へと入りやすくなります。ラベンダーやイランイランなど、お気に入りのアロマを利用すれば、女性ホルモンもより活性化。湯船に浸かることは毎日の習慣としましょう。

STEP2:血流をよくするために軽いマッサージやストレッチを
お風呂で身体が温まったら、身体の血流を良くするために軽く身体を動かしましょう。汗をかくような運動ではなく、足の裏同士をくっつけて行う股間ストレッチや軽い伸び、ヨガのポーズなどあくまでも心地よいと感じる程度でOK。好きなテレビを見たり音楽を聞きながら、リラックスしながら行いましょう。

STEP3:就寝直前は間接照明でリラックスタイムへ
スキンケアをすませ、寝る準備が整ったら明るい電気を消してオレンジなどのやわらかい光の間接照明にチェンジ。このタイミングでベッドに入ります。さらにお腹を膨らませながら深呼吸をすると自律神経のバランスが整います。これらの行為によって、視床下部が働き、ホルモンの分泌が滞りなく行われます。

寝る前の時間を慈しむようにゆったりと過ごせば、翌朝は輝くような肌や髪、そして何よりもポジティブなマインドが手に入りますよ。

2016-06-30 | Posted in Inner Beauty, Japanese BeautyComments Closed 

関連記事